幸先良好?(第13回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン)

本日は三重県菰野町で開催されました「第13回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン」に参加してきました。

画像


2018-2019のオフシーズンの最初を飾るこの大会への参加は2016年に続いて2回目。前回はフル前の慣らし運転としてキロ5分ペースで走ることを目的に臨みましたが、今回はフルのサブ4返り咲きを目標にキロ5分ペースで走ることを目的に。設定ペースは前回も今回も同じですが、事故で落ち切ったパフォーマンスがなかなか戻らない中、少しでもベストに近づけるよう走り切ることができれば。

ということで、10時にハーフマラソンの部はスタート。GARMINの記録なのでコース上のキロ表示とは異なりますが、

Start~5km 25分30秒
5km~10km 25分36秒(51分06秒)
10km~15km 26分12秒(1時間17分18秒)
15km~20km 25分30秒(1時間42分48秒)

と若干キロ5分をオーバーしながら・・・、

画像


1時間47分59秒で完走することができました。途中100メートルの山越えがあるので好記録が望めるコースではないのですが、2年前(後半膝を痛めて歩き1時間51分)のこの大会や前回ハーフを走った平坦の豊橋穂の国(1時間48分10秒)より速く走ることができたので、幸先良好・・・ということにしておきましょう。12月に走るMINATOシティハーフマラソンでキロ5分を切るペースで走り切れれば。

ただ、ちょっとガッカリな出来事が・・・。完走証を貰いにいったときに出力をした係員から、

「おめでとうございます!」

と言われたあとに「あ、あれ?」という言葉が・・・。その理由がこちら。

画像


飛び賞ということで各部門の下一桁が3のつく順位は(13回大会という理由らしいが・・・)飛び賞としてなにかしらの景品が頂けるみたいで、私の順位は40歳代男子で193位。なるほど確かに下一桁が『3』の数字が並ぶ中・・・、

画像


な、なんでやねん!

ということで私だけ唯一下一桁が『3』で飛び賞がいただけない人に(あと部門3位の人も貰えないけど、その人は表彰されるわけで・・・)。ある意味このブログのネタになって「もってる」のですが、でも嬉しくない!

とはいうものの、飛び賞という厚意で頂けるものなので、割り切るしかないですね。

というワケでマラソン自体は気持ちよく走れましたが、なんだかモヤモヤが残る一日でした。
posted by 錆男 at 23:55Comment(0)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント