RUSTYMAN Returns!

アクセスカウンタ

zoom RSS びっくりポンの過失割合。

<<   作成日時 : 2018/01/06 15:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年6月に遭った交通事故。身体の方の賠償は次回検査となる6月まで棚上げとなっていますが、物損の方・・・いわゆるバイクの賠償について相手方の保険会社から免責証書兼承諾書が年末に送られてきておりました。

事故による物損の賠償についてですが、購入時の価格と修理した場合の代金と比較して安い方が基準となり、自分の場合は購入時の価格が採用されたのですが、そこから減価償却がなされたのが、認定時価額となるようです。

そしてそこから過失割合として差し引かれるのですが、自分としても相手方としても極力過失割合を減らして、自分の場合はできるだけ多くの金が戻って欲しいし、相手方の場合はできるだけお金を払いたくないところ。そんな中、相手方の保険会社から提示された過失割合は・・・、

5:95(私:相手)

それを見た最初の感想が「え?自分の過失がそんなに少ないの??」でした。

というのも当初、相手方保険会社から通例ということで、同幅の道路且つどちらにも一時停止等の規制がない場合の出会い頭の事故は20:80という資料を渡されており、それを基準とした交渉になるんじゃないかと予想していたので。何か裏があるんじゃないかと年末年始の間は承諾書にサインをしないで、保険会社の担当者にこの判断に至った経緯を確認したところ、顧問弁護士の判断で自動車側に一旦停止相当の規制があると判断した為とのこと。

その判断基準なのですが、まずはこの写真を。

画像


これは自動車側からみた事故現場で、私は右側から飛び出した形になるのですが、路面が私が走行していた遊歩道の方が地続きになっており、これにより遊歩道が優先と判断されたようです。これにより自分にとって有利な過失割合になったようです。

今後購入予定のバイクの資金としてはまだ充分ではないけれど、とりあえず頂けるものは頂いて2018年シーズンに向けた準備を粛々と進めたいと思います。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
びっくりポンの過失割合。 RUSTYMAN Returns!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる