狙い通り!(第1回新島アクアスロン)

本日は東京都新島村の前浜海岸及びその一帯で開催された「第1回新島アクアスロン」に参加しました。

画像


今回の大会参加は昨年の岩手県遠野市遠征で味を占めた自分が今年も、ということで選んだのですが、加えて恒例の姑息に入賞チャレンジの一環でもあります。第一回という知名度の低さ、佐渡や伊良湖など人気大会の受付後に詳細な要項を発表し、エントリー開始。そしてAタイプとBタイプの2タイプがあり、距離が短いBタイプなら参加人数も少ないかも・・・という邪な理由でチョイスしました。ま、東京勤務中に一度行きたかったというのもあったんだけどね。

そんなこんなで朝フェリーが新島に到着し、その日の昼にレースです。一昨日までは天気予報にやきもきしたのですが、そんなことを微塵も感じさせないくらいの晴天。大会会場付近のモヤイ像さんも笑顔です。

画像


まぁ、天気が良すぎて、若干熱中症になりかけたので日陰で休んだくらいなのですが・・・。あと、やっぱり海が綺麗!

画像


ちょっと写真では分かりづらいですが、海が透き通っています。やはりオープンウォーターをこういうところで泳がなきゃ!でも、水温は若干低くウェットスーツを着るかどうか迷うところ・・・でも、やっぱり暑かったのでノーウェットを選択。

で、レースはスイム1.5km⇒ラン10kmのAタイプが12:30にスタートし、私が出る距離が半分のBタイプがその5分後にスタート。エントリーは25名で内20名が男子。そして点呼のときに2名がDNSとのことで18名・・・。うん、これなら狙えるかも?(ちなみに女子は5名なので完走すれば即入賞・・・いいなぁ)

ということで12時35分にスタート。勢いよく飛び出しているのは5~6名くらいか。海は比較的穏やかで泳ぎやすい状態ではあるのですが、透き通った海というのは視野が広くなるせいなのか、泳いでいて進んでいる感覚がほとんど得られず・・・。前に進んでないんじゃないか?2013年の伊良湖みたい(この時はうねりが原因でしたが)にスゲー遅いんじゃないかという気持ちに陥りましたが、外の景色を見てみるとそれなりに進んでいるようなので、ひたすら泳いで、なんとかフィニッシュ。アナウンスでは5番手でフィニッシュと言われていたような気がしたけど、本当なのか?

まぁ、それが本当であれば、ランで一人は抜かれても大丈夫なわけで・・・。あと一人ぐらいスイムオンリーでランは苦手という人がいないかな?と淡い期待を持ちながらトランジットを済ませてランへ。

ランは行って帰っての往復コース。まぁ、折り返しで人数を数えれば順位は分かるよなと思い淡々と走っていると後ろから若い兄ちゃん(後で調べたら24歳!)にパスされて6位に。これ以上抜かれたら終わりだ~!!と思っていたところ、本当にやってきてパスされたのですが、ゼッケンを見たら2桁。Aタイプなので一安心・・・っていうか速いなぁ。

そんなこんなで折り返し前に先ほど抜かれた若い兄ちゃんとちょっとポッチャリ目のスイムオンリーらしき兄ちゃん(この方は29歳)をパスして4位。それより前は大分先行していたので、これ以上の順位はないし、自分がぶっ潰れるか、7位以降にスゲーランナーが居ない限り入賞できそうかなと。

画像


折り返し以降は下り基調なのですが、そこで満を持していたかの如く再度若い兄ちゃんに抜かれ、その後も頑張ってついていったのですが、追いつけずそのままフィニッシュ。ということで・・・、

画像


5位入賞することができました!

画像


ちなみにAタイプだったら間違いなく入賞は無理でした。ま、上で書いた狙い通りにことが運んだわけです。

入賞したから・・・というわけではないですが、このアクアスロン以外にも東京アイランドシリーズと銘打って、新島ではトライアスロンとオープンウォーター、伊豆大島ではトライアスロン、式根島ではマラソンとあるので、他の大会も出てみたいなーと思ってみたり(でも、他での入賞は難しそうですが・・・)。

というわけで、目的が達成できて満足満足。あとはアフターレースを満喫するのみ。帰りのフェリー出発まで楽しみまくりますよ。

---

参加賞はなく完走タオルのみ。あとゴール後に提供された「たたき汁」は美味しかったです。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント