RUSTYMAN Returns!

アクセスカウンタ

zoom RSS 【長崎五島遠征 Day4】バラモンキングへの道(その2)(五島長崎国際トライアスロン)

<<   作成日時 : 2015/06/14 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

その1からの続き)

さてバイク。過去二回、ロングの大会のバイクで皆生は肉離れに近い足攣り、IMケアンズは前半のオーバーペースがたたって中盤以降は大失速といいところなし(あ、いや、スイムやランにいいところがあったワケじゃないですが・・・)。なので、今回は無理をしないをテーマに・・・といっても、どうせアップダウンの連続になったら一杯一杯になっちゃうだろうけど、それでも極力無理しないでランをサブ4.5で走れるようにしようという作戦で。

そんなわけで足がピキーン!とならないように淡々とペダルを回していたわけですが、今回の敵はピキーンではなく、ブブッ!にやられました。足ではなく腸。走り出して間もなく腸が活発化したのか、おならの連続。しかも身が出るか出ないかハッキリしないような放屁。もちろん身が出ては困るので、トイレに駆け込むのですが、そこでも出るのは屁だけ。そんなことを3回ほど繰り返して約10分ほどタイムロス。これは初めてのことだったので原因不明・・・一体、何だったんだろ??

コース自体は皆生の大山のような山越えはないもののアップダウンばかりのコース。特に中盤の島西部2周回のコースはTTバイクじゃなくてもいんじゃないか??といった感じ。序盤と終盤は終始TTポジションを取れるのでいいですけどね。

で、バイクそのものは慎重に慎重に走り、2周回のコースを終えたあたりから、なんとなく右膝にいやーな違和感が・・・。でも、そのうち治まるだろうとタカをくくって、最後の鬼岳をくるりと回りフィニッシュ。

スイム:7時間04分34秒(296位/652人中)

ちなみにサイコンが示す走行時間が6時間46分。スイムフィニッシュからのトランジットとバイク中のトイレで18分もタイムロスをしている換算。うーん、もったいないなぁ・・・。

スプリット:8時間28分40秒(296位/652人中)

これだけヘタレたバイクでも30人近くは抜いていた模様。てっきり順位を下げたかと思った・・・。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【長崎五島遠征 Day4】バラモンキングへの道(その2)(五島長崎国際トライアスロン) RUSTYMAN Returns!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる