【長崎五島遠征 Day4】バラモンキングへの道(その1)(五島長崎国際トライアスロン)

本日は長崎県五島市の福江島一帯で開催されました五島長崎国際トライアスロン(通称「バラモンキング」)へ参加しました。今回は3回に分けて、記録に残したいと思います。

画像


14日は午前3時台に起床。その時には建物の中からも雨の降りつける音が・・・。確かに3時間予報では深夜に雨マークが付いていたけど、6時以降の予報は曇り。それを信じていきたいところだけど、同行者に嵐を呼ぶことで有名なお方が・・・(敢えて名前は伏せます)。でも、きっと大丈夫!根拠はないけど・・・。

宿にはおにぎりのような簡単な食事が用意されて・・・と思いきや普通に朝食。そしてスタート会場で食べる用におにぎりも用意してくれてました。凄いぞざぼん!

そして宿の前にシャトルバスがやってきて乗車。暗闇の中、決戦の地に向かいます。

画像


スタート会場の富江港に着く頃には雨も止み、空も明るくなってきて絶好のトライアスロン日和!というほどではないが、かえって競技がしやすいのではないかと。天も味方をしてくれました。会場でチームメイトの穴見さんと合流。互いの健闘を誓い合います。

画像


オープニングセレモニーを終えて、スタート地点(フローティングスタート)に移動し、午前7時にスタート。長い長い大人の運動会の始まりです。

スイムは一周約1.9kmを2周回の3.8km。控え目に若干後ろでスタートしたつもりですが、思いっきりバトルに巻き込まれアップアップしながら泳ぐことに。それでも、なんとか後ろに付くのに適任な人を見つけて、まずは一周回終了。タイムを見たら38分台だったので、単純に2倍すれば1時間16分・・・自分にしてはそこそこのタイムで少し垂れたとしても1時間20分くらいでスイムアップできるかなと思いながら2周目へ。

でも、泳ぎながらある間違いに気づくことに・・・。スタートはフローティングスタートの為、岸から約100m程離れたところまで進んでいるので、単純計算で2周目は100m多いワケで、これだけで2分増。それに垂れた分と足攣りの分が加算されると・・・いや、足攣りはして欲しくないのですが・・・。

そんな考え事をしつつ、2周目もバトルに巻き込まれつつ、淡々と泳いで何とか終了。タイムを見ると1時間23分台・・・やっぱりね。まぁ、今のコンディションならこんなもんでしょう。

スイム:1時間24分06秒(329位/670人中)

(その2に続く)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント